スポーツビジネス次世代セミナーレポート 第6回「大学スポーツ最新動向 大学スポーツビジネスの発展について」

2019年5月22日

4月6日(土)、スポーツビジネス次世代セミナー 2019 Winter – Springの第6回が行われました。

「 大学スポーツ最新動向 大学スポーツビジネスの発展について 」セミナーレポート
開催日:2019年4月6日(土)
講師:山内 一樹(株式会社大学スポーツチャンネル 取締役 ミレニアルズマーケティングマネージャー)

山内様に講演いただいたテーマは「大学スポーツ最新動向 大学スポーツビジネスの発展について」。大学スポーツチャンネルという、正にその名の通りの会社を起業した時からの経験と、現在も大学スポーツに関わり続けていることからの実感から、他にはない非常に精細なお話が展開されました。

なぜ今まで、大学スポーツはビジネス化をして来なかったのか? その答えは、必要がなかったから。しかし、政府やスポーツ庁の方針もあり、現在は大学スポーツのビジネス化の機運も生成されつつあり、山内様はその大学スポーツを「盛り上げたい」と力を込めて語っておられました。

では、大学スポーツはどのような価値を創造すればビジネスになっていけるのか? 大学とはそもそも教育機関であり、本来の提供価値は人材育成にあります。大学スポーツは部活動を行う学生や、その部活に関わる学生が人材として成長していけるプラットフォームを用意することが、一つの道ではないかという話が展開されます。

また、プロスポーツビジネスと同じように、大学スポーツがコンテンツホルダーとしてBtoBビジネスを行っていくことも重要であるとのお話も。スポーツブランドとパートナー契約を結ぶ大学も見られるようになり、大学のブランド戦略というところにも、スポーツがつながってきている現状もお話されていました。

そして、ビジネスの基盤が整ったあとで大切なのがマーケティング。大学スポーツの本質を理解した上でのマーケティングが重要であることを語られ、今回のセミナーが締め括られました。

■参加者の声(アンケートより抜粋)
・初めて聞く話でとてもためになりました。色々な発想があるのだなと、感じられました。(50代男性)
・他では知り得ない大学スポーツの現状と、これからの課題を学ぶことができました。(40代男性)
・大学スポーツの現状と、各大学の取り組みについて知ることができた。(10代男性)
・大学内部からのスポーツビジネスではなく、外部団体からの大学スポーツビジネスの視点を知ることができました。(30代女性)