スポーツビジネス次世代セミナーレポート 第5回「ナイキ、アディダスにおけるスポーツビジネスの仕組み」

2019年5月22日

3月30日(土)、スポーツビジネス次世代セミナー 2019 Winter – Springの第5回が行われました。

「 ナイキ、アディダスにおけるスポーツビジネスの仕組み 」セミナーレポート
開催日:2019年3月30日(土)
講師:半田 裕(Office Strategic Service 株式会社 代表取締役/大阪経済大学 人間科学部 教授)


講師の半田様は第1回(2月23日)に続くご登壇となりました。半田様ご自身はこうしたセミナーを9年前から実施しており、当時を振り返るようなお話からスタートしました。この9年間、常に内容をアップデートさせながら、セミナー実施の実績を積み重ねてこられ、この日のお話もまさにアップデートおよび洗練された内容となっておりました。

ナイキやアディダスのマーケティングディレクターを歴任してきた半田様としては、もう一度同じ仕事をやりたいかと訊かれれば、「やりたい」と答えるそうです。ナイキやアディダスは常にマーケティングの即戦力を求めているということの他、ブランドとマネジメント会社との関係性や、数年後の未来を予測できる能力も必要である、と語っておられました。

また、ScienceとArt、LogicとMagic、理性と感性というように、一見二律背反にも見える要素も求められていて、今スポーツブランドに必要なのはアート思考である、とも仰っているのがこの日のハイライトでもありました。スポーツブランドのビジネスの仕組みを理解しつつ、スポーツビジネスにおけるキャリア構築のヒントにもなる至言が数多く発せられる。単純にビジネスについてを知るだけではない、貴重な体験になっていたのではないでしょうか。

■参加者の声(アンケートより抜粋)
・Web等で知ることのできないスポーツブランドの実態を知ることができた。(40代男性)
・国内メーカーとナイキ、アディダスのマーケティングの違いや、具体的なマーケティング施策を知ることができた。(20代男性)
・様々なキャリアを持つ半田様のお話を聞けたことで、自分の将来の方向性を考える良い機会になった。(10代男性)
・今まで聞いたことのない話が面白かった。価値のあるお話でした。(50代男性)